RS登場

おはようございます溶接管理技術者の上村昌也です。

今日は車のお話になります。

ホンダから待望のN-ONE RS登場しました。
MT6速のターボチャージャー付きでとてもマニアックな設定で、
楽しいそうです。価格が200万前後するそうですが、案外安い?
設定かなあーと、感じてます。

 

ライバルはABARTH 595ってところでしょうか?
排気量や馬力は全然違いますけどね。(失礼!)

 

こんな車が出るのをHONDAファンは待っているのです。
今後はデザイン力ですね。ここをなんとかすれば
稼げる筋道が見えてきますよね。

営業利益率1%台から8%以上稼げる会社になるのかと
考えています。2輪部門に負けない4輪事業部に復活!
本田技術研究所の権威も復活します。ついでに
車の好きな社員さんの採用が必要かと・・

 

あーそれとアイデンティティーの必要ですね。
いつまでもTYPE Rだけではあかんやろーと思います。
踏ん張ってほしいーHONDA

 

シェアーしてね!