アルミ、ジュラルミン、チタンブログも宜しくお願いします。

CBM道の駅入広瀬に参加しました!【清津峡トンネルの巻】

おはようございます。上村昌也です。

早起きをして新潟県魚沼市入広瀬に行って来ました。
京都の自宅を午前3時に出発し名神京都南ICから
集合場所の草津SAに3時30分到着。

いざ入広瀬を目指し出発しました。途中給油のため
SAに何度か立ち寄り関越道堀之内ICを午前11時に出て
一般道を走り11時30分に道の駅入広瀬に到着しました。

途中の尼御前SAではハレー乗りの鹿児島ユナイテッドFC、
サポーターの方が陸路鹿児島から、応援で新潟を目指し
出発していかれました。すごい馬力です。

今回北陸道はバイクで初めて走りましたが風がかなり強いですね。
道幅が広く走りやすいですが単調な走りになってしまい
緊張感が緩みます。

自宅を出て8時間30分で目的地の道の駅入広瀬に到着です。
KCBMは正午までの集合の約束です。時間を気にしながら
走りましたが、なんとか時間内に到着できました。

こちらが道の駅いりひろせ

 

到着!入り口はこんな感じです。
今回は3台で参加
CBMも終了間近
こしひかり惣五郎
価格は高め
本日の昼食どころ『小嶋屋』さん
入広瀬を後にして小一時間ほど走ったら十日町市の蕎麦屋【小嶋屋】さんにて 昼食をとりました。写真のへぎそばは一人前(980円?)でとてもボリュームがあり食感は 布海苔をつなぎに使い石臼で挽いたコシのあるとても美味しいお蕎麦です。 私はこのそばを食べたくてこちらに来ました。 お目当のへぎそばを頂き次の目的地清津狭をめざします。
駐車場はゆったりと
バイクは少ないですね
ここが清津峡トンネルの入り口 入場料600円を払いSNS映えする見晴所へ長いトンネルを 通っていきます。
歩道から右へ直角に曲がれば
素晴らしい柱状節理がみられます。迫力あります。
トンネルまでの歩道
トンネルの途中にはこのような抜け穴が所々あります。
奥が本道
目的地まで結構あります。
まだまだあります。
順序を間違えました。
昔は歩道があったとか! 観光客の安全を確保するためトンネルができたと説明されています。 トンネル掘削工法が自然に優しい無振動工法を採用したと 解説されています。
大変だっただろうと想像できます。
このような仕掛けもあります。
断崖絶壁
荒々しいですね。
きれいな水が流れています。
やっと到着しました。人が入ってないと波が行かないのできれいに撮れました。
混雑するとこんな感じで被写体が変形します。

CBM道の駅入広瀬に参加しました!秋山郷の巻

Copyright© 2021 Kamimura corporation All rights Reserved
著作権は株式会社上村製作所 上村昌也に帰属。無断転載禁止

シェアーしてね!