アルミ、ジュラルミン、チタンブログも宜しくお願いします。

旧北陸本線山中越えはとても急勾配だった

おはようございます上村昌也です。

JNR北陸本線大桐駅編です。
柳ヶ瀬隧道からの北陸本線で敦賀駅を発車しいよいよ
蒸気機関車では、最難関な山中峠越えです。

列車は敦賀を出て今庄までの山間部の区間が
山中峠越えです。特に杉津駅から今庄駅間は
トンネルがたくさん有りスリル満点です。

途中、最も感動した山中信号場があります。
今回は今庄からのアプローチです。

今庄から敦賀方面へと廃線跡を通って行きました。
敦賀に向かう列車は今庄駅で急勾配(25/1000)を
登るために最後尾にもう一両蒸気機関車を連結します。

それでは、黒いゼファー君がD51と見立てて
機関士が私、ボイラーの釜炊き機関士見習いが
息子とします。

憧れの機関士になった気分で出発進行 !
今庄駅から新線の南今庄駅を通り
旧北陸本線へと進めていきますと

大桐駅跡があります。停車して写真撮影です。
車なんか全然通りません。
(足場が悪かったのでバイクは今庄方面に向いています。)

国鉄開通当時は大桐信号場でしたが
住民の要望で駅ができました。

道路は直線と緩やかなカーブがあり
機関車に乗っている気分です。気持ちいいです。

今回は山中越えがとても印象に残りました。

参考
敦賀観光サイト
http://www.turuga.org/places/tunnel/tunnel.html

 

 

旧北陸本線山中越えはとても急勾配だった
ゼファーがD51と見立てて出発進行
よくマッチしています。
面影があります。
当時の駅舎
ロックシェルド入り口にプレートが貼られています。かなり急勾配です。

 

旧国鉄JNR北陸本線柳ヶ瀬隧道をたずねて感じたこと

 

シェアーしてね!